物忘れ対策カタログ » 今から始められる物忘れの対策カタログ » 脳トレ » クロスワード
  

クロスワード

毎日の脳トレにおすすめのクロスワードパズルと、本当に効果があるのかどうかについてまとめています。

クロスワードとは?

クロスワードのイメージ画像

クロスワードとは、ヒントとなるキーワードをもとに縦・横に交差した碁盤状のマス目を埋めていくパズル。縦と横がクロスする部分については、同一の文字を入れるのが特徴です。アメリカ発祥の遊びの一種で、日本に入ってきたのは1913年と言われています。

遊び方が単純なので幅広い年齢層に愛されていますが、脳の活性化のために、物忘れの気になる中高年の間でも人気があります。

クロスワードのおすすめ本紹介

クロスワードの商品画像
引用元:マガジン・マガジン社公式HP(http://www.puzzle-mate.com/apply/number/1)

「クロスワードを解いてみたい」という方におすすめなのが、毎月26日に発行されているクロスワードメイトという雑誌。88,280部と発行部数も多く、書店やコンビニ等で気軽に購入できます。ちなみに価格は490円(税込)。

クロスワードメイトに掲載されているクロスワードは、季節やイベントに合わせたバラエティ豊かな問題が特徴。クロスワードだけでなく、間違い探しや迷路といったパズルもあり、1冊でさまざまな遊びを楽しむことができます。また、すべての問題に景品がついているため、パズルを解いて景品に応募するといった楽しみ方もできます。

出版社概要

脳トレって本当に効果ある?論文から紐解く

脳トレとしても注目されているクロスワード。誰でも気軽に取り組めるパズルで人気がありますが、はたして物忘れ対策・認知症予防として効果はあるのでしょうか?

2018年にイギリスの医学誌で発表された研究結果では、クロスワードや数独(数字パズル)では知力低下を防ぐことはできない…と書かれています。しかし、パズルに知力低下を予防する効果はないとしても、何らかの知的活動を続けることには意味がある、という意見もあります。

物忘れを抑止したくてパズルを解いているなら、効果があったとしても言葉に関することだけでしょう。脳にはほかにも「空間」「数字」「記憶」などさまざまな分野があり、どこかが弱くなるだけでも日常生活に支障をきたします。

自分の本当の脳の老化や脳年齢を知り、適切な対策をとることが「物忘れ」には必要です。